子供のバスケットが劇的に上達する無限の条件!すべての条件を満たしたらスーパー小学生だ!

実はこの条件は日々、増えている。どんどん増えている。そりゃあそうだ、上達する条件なんて数えきれないぐらいあるんだから。

これが我が家の指導法!

バスケットボール 指導法

わが子にバスケットがうまくなってもらいたい!

簡単です。このすべての条件をクリアしてください。いや、5個でもいいのでクリアしてみてください。そこいらのミニバスであれば、同級生の中でトップクラスになることが可能でしょう。

▼長男ナトの練習の成果↓↓

マサテガ
これは私の30年間のスポーツ歴と後輩や子供たちに指導していく中で導き出した “マサテガ流成功法則” である。

では、順番に解説していきますね。

【バスケの攻略本】我が子に伝授!!試合で使える実戦的な1on1のスキル

2017-10-11

0、楽しく(大前提の心構え!)

小さい子供ほど「楽しく」というのは重要なポイントになってくる。

そして、楽しければ楽しいほど積極的に前のめりな姿勢で取り組むようになるでしょう。

 

しかし、これほど難しいものはないのではないか…とも思っています。なぜなら、ただ楽しく練習をしても、そこに成長の要素がなければほとんど上達しないからです。

重要なポイントとしては楽しく練習をしながら、ちょっと難しいことを気付かれないように取り入れる…次はこんなことしてみようぜ!ってね。

あと、どうしてそれが必要なのか…を子供が理解できるように、そのシチュエーションと体験談をセットにして説明をする。私自身の経験や子供の練習での経験を引っ張り出してきてよりリアルに臨場感たっぷりに伝えるわけです。

そうすることで、子供もしっかりとシチュエーションを考えて楽しく練習をするようになります。

 

もし、日ごろコーンなどを置いてドリブル練習をしているなら、あなたがコーンの代わりになってあげるのも、ものすごく効果的です。これの効果は計り知れませんよ。なにより子供が楽しそうに練習をします。

しっかりフェイクができていれば、フェイクにかかってあげる、フェイクが甘ければ、どうすればさらに良くなるかを説明してあげる。

” 顔の向き、体の向き、膝の方向、視線の向き “ など、フェイクの時に重要なポイントをひとつずつ修正していくのです。

 

時に感情的になってしまい怒ってしまうこともあるでしょう。

正直、私も怒ってしまうことがあります…怒って無理やり練習をやらす、それで上達する子もいるとは思いますが、それがベストとは思っていません。

だから、怒ってしまったあとは反省してます。

「じゃあ、おこらなければいいのでは?」と思うのですが、人間だもの、気持ちが入ってしまい怒ってしまうこともある…だから常に考え意識する必要があるのです。

 

その子にとって、それがベストなのか?

 

怒ってしまったものはしょうがない…重要なのはその後です。私たちができることはただひとつ! ” その子にとってそれがベストなのか “ これだけなのです。

マサテガ
自分が子供の時のことを思い出してくれ!楽しい方が絶対いいだろ!!さあ、楽しくバスケットをしよう!!!

1、ほめる

これはすごく大事、とくに低学年であればあるほどしっかりとほめる必要があると実感しています。なんでもかんでも、馬鹿みたいにほめろ!とは言いませんが、良いところはしっかりと見て、気付いてあげてほめてあげてください。

子供たちが嬉しそうに練習をしている姿を見るのは、こちらからしても元気がもらえるのでいいことしかありません。

“ほめる” というアクションは子供からしたら “ちゃんと見てくれている” という風に感じるのでしょう。練習中の子供をよく見ているとわかるのですが、チラチラこちらのことを見ているんです。

こちらからすると「集中して練習しろ!」と思ったりもするけど、そこはぐっとこらえて、親指を立ててニコッ!としてあげましょう。嬉しそうにニコニコ顔で、バリバリ練習をしだすから。ただし、集中してないときはコラッ!みたいな顔をした方がいいですね。甘えからは何も生まれないから。

マサテガ
スキンシップしながらほめるとよりいいぞ!頭をガシッ!としたり、肩をつかんだり…いろいろ試してみよう。

2、丁寧に伝える

本当にうまくなってほしいのなら、わかりやすく丁寧にどういうことを目的として練習しているか、をわかるように教える必要がある。はっきりいってうまくならないプレイヤーはすべてが適当になっている。

適当にならないためには、わかりやすく丁寧に伝える必要があるのです。どうしてこの練習をする必要があるのか?をきちんと理解してもらってから練習に取り組んでもらう必要があるのです。

しかし、一人の指導者が個別で一人ひとりみることは厳しいので、どうしても個人差がでてしまうんです。これはもうしょうがないことといえます。それこそ、個人のやる気にゆだねるしかないのかもしれません。

 

視点を変えると、しっかりと一人の子供だけを見て、きちんと丁寧に教えてあげれば、格段に上達スピードは上がるのは間違いありません。もし、あなたがお子さんにうまくなってもらいたいのであれば、あなた自身が丁寧に教えてあげればよいのです。

それが無理なのであれば、金額はある程度必要になりますが個人レッスンなどもあるので探してみるといいでしょう。意外といろいろさサービスがあります。子供の上達のためにも、きちんと丁寧にどういう目的で練習をしているのか…を伝えてあげてください。驚くほど上達しますよ。

マサテガ
これは人生においても言えることだけど、雑になっていいことなんて何1つない。1個1個を丁寧にこなしていこう!

3、短時間で集中して教える

だらだら練習をしてしまうのは、はっきり言って無駄でしかありません。たしかに、若干の体力面の向上はあるのかもしれませんが、だらだら練習をしてもバスケットはうまくならないのです。やるなら短時間で集中していろいろなことをした方が上達スピードは上がるでしょう。

というか一つのことをずっとやり続けない、というのがポイントになってきます。特に低学年になればなるほど、同じ練習をしていると飽きてしまう傾向にあります。つまり、集中力が続かないのです。

なので、3つでも4つでもいいので循環を考えて短時間で集中して練習をした方が圧倒的に身に付きます。これは私もよく子供にしてしまうミスで、どうしてもあと少しでできそうな時など、しつこく同じ練習を要求してしまうことがあります。

 

この時の子供の集中力のなさは半端ないです。結局、こちらもイライラしてしまい、子供もテンションが下がってしまい、お互いにいいことがないのです。なので、いくつかのメニューを飽きないようにローテーションしながら、短時間で集中して練習をするということを心がけてみるとよいでしょう。

マサテガ
3分とか5分ぐらいでスパッ!と区切るだけで、格段に集中力が上がるぞ!時間が目に見えるようにキッチンタイマーを活用するとさらに効果的だ。

4、常にちょっとした試練を与える

これとても重要です。もうめちゃくちゃ重要です。これなくしてバスケットの上達はあり得ない、といっても過言ではないでしょう。というぐらい “ちょっとした試練を与える” というのは上達するために重要な要素です。

ここで大事なポイントをひとつあげておきます。この “ちょっとした試練” というのは個人個人によって違う、ということを理解しておく必要があります。

 

そりゃそうですよね。上手な子にとっては簡単なプレーでも、下手な子にしてみれば難しいのですから。ドリブルが得意な子にしてみれば簡単なことでも、ドリブルが下手な子からしたら難しいのです。

このことをしっかりと理解して、その子にとってより良い負荷を与えることができるような “ちょっとした試練” を考える必要があるのだ。

上達が早い子供と、上達が遅い子供の差って実はここにあるんじゃないかと。上達が早い子供はできないことを積極的に練習してできるようになる。一方で、上達が遅い子供は言われたことはやるけど、ただ考えることなくやっているだけなのです。

だから、吸収スピードも遅いし、上達スピードも遅くなってしまうのです。ただし、無理な試練を与えるのはマイナス効果になるのでやめておきましょう。大事なのはその子供にとって適切な負荷となる “ちょっとした試練” を与えることです。

【指導法】バスケ初心者(子供)がギュンギュン上達する方法!!教え方のポイントは状況設定にある

2017-01-11
マサテガ
子供だけでなく、自分にも常にちょっとした試練を与えよう。そりゃあどんどん進化していくこと間違いなしだから。私も試練の毎日だ!

5、考えるクセをつける

何も考えずにする練習に成長などないのである。

何かを考え、今までとは違うことをすることで、はじめて成長することができる。私はそう思っています。

だから、ちびっこ勇者にも常に “考えるのだ” と言っている。そして、私も常に考えています…なぜできないのか、どうすればもっと良くなるのか、もっとこうした方がいいんじゃないか…と。

常に考える思考を持ちましょう…難しいけど。

といっても、いきなり「ただ考えろ!」と言っても子供は理解できないので注意が必要です。きちんと “考える” ということがどういうことなのかを説明してあげることからはじめましょう。

マサテガ
何か子供に質問されたらすぐに答えるのもNGだ!まずは「どうしたらいいと思う?」とか「どうしたらできるようになる?」と考えるクセをつけてもらおう。

6、環境を整える

人は環境で変わる。

小学校1年生と3年生、3年生と6年生、中学1年生と3年生、高校1年生と3年生、社会人1年目と主任、主任と課長、課長と部長…etc

このほかにも、強豪校に入学、自宅で練習できる環境がある、個人レッスンを受ける、常にうまい人と練習をする、常に下手な人と練習をする、オリンピックを目指す環境がある、プロを目指す環境がある…など、環境と言っても様々なものがあります。

 

分かりやすいところで例えるなら、学校などは強制的に環境が変わることで、立場というか立ち位置が変わり、行動も変わりますよね。

これは、もう学年が上がるごとに強制的に立場が変わり、ふるまいも変わるわけです。

 

社会人になっても同じで、入る会社が違えは価値観も違うし、中間管理職になれば自動的に管理する思考を持つようになります。そして、その立場の仕事ができるようになります。

” バスケットボールが上達する、うまくなる “ というのも同じで、環境が変われば確実に実力も変わるのです。

なぜなら、実力が変わらなければ、その環境にいることができないから。

 

市の強豪校、県の強豪校、全国大会常連の強豪校、アメリカの強豪校、といろいろな環境があるけど、基本的な基準値は環境で決まってしまうと考えていいでしょう。

県でベスト4を目指している学校と、全国大会優勝を目指している学校ではモチベーションも違うし、練習内容も違うし、集まってくる生徒も違う。その結果、その環境にいるだけで、上達する早さも変わってきます。

このような理由から、プロになりたい人は、そうなるための環境を選ぶのです。もしくは、まわりが強制的にそのような環境を作ってしまうわけです。

そこから、さらに努力した人、考えた人、丁寧にやった人が目指す場所にたどり着けると私は思っています。

もちろん、生まれ持った才能もあるだろうし、環境がなくても努力と根性で目指す頂上にたどり着ける人もいるだろうけど、それは一部の特殊な才能を持った人の話。

 

まずは環境。環境で人が変わるのは間違いない。

だから、我が家もまずは環境を整えました⇒我が家の2階をバスケットの練習場にしてみた…

マサテガ
私の子供たちも自宅で練習ができるようになって劇的にバスケが上達したぞ!そりゃあ驚くほどレベルが上がった!改めて環境が大事であると認識。

7、背中を見せる

ミニバス、中学校、高校の部活で、キャプテンがダラダラ練習をしていたらどうでしょう。

監督がダラダラしているのにむちゃくちゃ怒ってきたらどうでしょう。

親が毎日ゲームをして、お酒を飲んで、飲み会に行っているのに、

 

「もっと勉強しろ!!」

「もっと集中して練習しろ!」

「そんなんじゃ大人になってから大変だぞ!」

 

と言われたら……単純に、うざいですよね。

でも、しっかりと自分の行動を意識していないと、この誰がどう考えても “うざいこと “ を平気でやってしまいます。私も含め。

 

子供は親の背中、大人の背中、学校の友達、後輩、先輩、先生の背中を見て育ちます。

この中でも、飛び抜けて影響力があるのが親の背中です。(特に年齢が低い世代に)

親が常に学ぶ姿勢を持ち、常にあきらめず、新しいこと、困難なことにチャレンジしている姿を見せていれば、子供に何かを言った時…

 

“言葉の重みが変わるのです”

 

だから “私たち大人が、しっかりと生きている” というところを “大人も成長するために学んでいるんだぞ” というところを見せると「子供も勝手に育つ」そう私は思っています。

それが私の中での ” 背中を見せる ” です。子供は日々成長します。だから私も子供に負けないように日々成長することを楽しんでます。

マサテガ
カッコいい背中を見せるのは大変かもしれないが、楽しいぞ!マサテガも子供と一緒にどんどん成長しているぞ!

8、天才として育てる

子供は天才です。なぜなら ” 学ぶ “ という視点から見ると、恐ろしいほど毎日いろいろなことを学ぶのですから。

大人になって、子供ほど日々成長をしている人を見たことがあるでしょうか…たぶん、多くはいないのではないかと思います。

だから ” 子供は天才の集団だ “ と私は考えているわけです。そして、我が家の子供たちも天才として育てています。

 

最近気づいたことですが、天才というものを特別視しすぎることで、子供の成長に壁を作っているのではないか、と思うことがあります。

  • あいつは天才だからできる
  • あいつは才能があるから

 

その決めつけが、子供の成長を止めてしまっているように私は思うのです。

そうやって ” できない理由を探しているだけ “ だと私は思うのです。

そんなことで、子供の成長をブロックしてしまうのはあまりにももったいないと思いませんか。

だから、私の子供達には親バカだから、とかではなく「お前は天才だからできる!」と言って育てています。

マサテガ
愛してやまない我が子を天才として育ててみよう!

9、魔法の言葉

子供が集中して練習できない時や、ちょっと難しい課題にぶつかって諦めようとしている時にモチベーションを上げる魔法の言葉があります。

「NBAプレイヤーになるんじゃないの?」

この呪文を唱えると、ナトもロトも集中力がグンっと上がるのがわかります。それほど我が家の子供たちにとってこの一言は強烈な言葉なんです。

目指しているゴールによってこの魔法の言葉は変わってきますが、強くなるためにはとても重要な要素だと私は考えています。

いろいろ言う必要はないんです。本当に目指すべきゴールが明確になっているのであれば、それに関連したワードを言ってあげるだけで、十分効果があります。

ぜひ、お子さんと向き合って魔法の言葉を作ってみてください。

子供のバスケがありえないほど上手くなる方法~魔法の言葉編~

2019-04-05

10、毎日考えて練習

大前提の話ですが、何も考えずに練習をしても、ほとんど成長しません…それこそ、5分の1も成長しないのではないかと思うほどです。

言い変えると、考えて練習することができれば “5倍成長する “ ってことです。まあ、5倍に根拠なんてないですけどね。それぐらい差があるってことを言いたいわけです。

・どうしてこの練習が必要なのか?
・なぜあいつはうまいのか?
・なぜあいつは点が取れるのか?
・なぜあいつはレギュラーなのか?

すべての事に理由があるのです。そして、そうなるために練習をすることで成長することができるのです。

考える=成長

これは間違いないことだと確信しているので、日々の練習の時、常に「どうしてこの練習をするのか?」「なぜこの練習が必要なのか?」を考え、5倍のスピードで成長してもらえたらうれしく思います。

マサテガ
バスケが上手い子供はやっぱり人より考えて練習しているぞ!これマサテガの体験からもそう感じているぞ!!

11、失敗する練習をする

子供は失敗を極端に嫌がります。そうならないように声掛けするのもとても重要になると私は思っています。

失敗して怒ることもあるでしょうが、そればかりだと「失敗=怒られる」というイメージができてしまい、子供が挑戦しなくなってしまうことがあります。

失敗はするものです。

考えて、前向きに挑戦しての失敗であればほめてあげましょう。

失敗しないような無難な練習ばかりしていては成長スピードが落ちてしまうので注意が必要です。

我が家では「失敗は良いことだ!!」と口がすっぱくなるほど言っています。

マサテガ
何でもかんでも怒られると面白くないですからな。失敗最高!!
12、大げさなぐらい大きく動く
13、ドリブル練習は周りを見ながら
14、1つ1つの練習を丁寧に!雑にしない。
15、常に相手(シチュエーション)を意識する
16、人のせいにしない(自己責任)

右肩上がりでバスケが上手くなる方法!これができたら99%上手くなる!

2018-08-28

ミニバスの子供達に家でバスケの練習をしてもらうための方法!

2019-04-01

 

4 件のコメント

  • うちの子供は小学生3年生ですが、勇者ナト君をライバル視していま練習頑張ってます!
    動画見まくってますので、またあげてください!

    • おお!ナトにライバル出現!!
      ライバルに負けないようにナトにも頑張るように言っておきます^^
      また動画もどんどんアップしたいと思っておりますのでお楽しみに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です