【体験談】ちびっこ&キッズ用室内バスケットゴールはリトルタイクスがダントツでいいでっせ!!【適正年齢:1歳~5歳】

 

いきなり結論!!【写真付き解説あり】

ちびっこ用(1~5歳ぐらい)の室内におけるバスケットゴールを買うなら

【リトルタイクス】のバスケットゴールが絶対におすすめでっせ!

 

 

壁掛け用や床置き用のおすすめ室内バスケットゴールについての記事も書きました。

よろしければ合わせてお読みいただけたらと思います。

人気の室内バスケットゴールはこれだ!おすすめゴール【6選】

2019-06-04

リトルタイクスのバスケットゴールが超おすすめな5つの理由!

このゴールを購入するまでは、壁に付けるタイプのバスケットゴールを2つほど購入して使っていました。

実際に、子供たちも壁のゴールに向かっていつもシュートを打って楽しそうだったので、当時は「買ってよかったなあ」と思ってたんです。

でも、思い切ってリトルタイクスのバスケットゴールを買ってこう思いました…

 

こんなにいいなら、もっと前に買ってあげたらよかった。。。

 

マサテガ
リトルタイクスのバスケットゴールは圧倒的にほかの室内用ゴールとはクオリティが違うぞ!!

 

たしかに、ほかのちびっこ用バスケットゴールと比べると金額も高いかもしれないけど、それ以上の効果を実感できると確信しています。

ひとつずつ解説していきましょう……最後に1つだけ存在するトラブルの解消法もお伝えしてます。

おすすめな理由① 土台がしっかりしていて倒れない!

 

床に置くタイプの子供用バスケットゴールはいくつも販売されているんですが、そのほとんどが土台が小さくて不安定なんです。

それに比べて、リトルタイクスのバスケットゴールはというと、土台がめちゃくちゃしっかりしているから全然倒れたことがありません。(※我が家では)

リトルタイクス バスケットゴール 土台
ホームセンターで売っている乾いた石を12キロぐらい入れました。
基本的にはお近くのホームセンターで販売されている乾いた石、乾いた砂、であればなんでもOK

 

これすごく重要で、1~2歳ぐらいの子供がシュートをする場合、よくリングを掴みます。

さらに、こけそうになるとリングをつかんで回避しようとしちゃうんです。

 

この時、土台が弱く、不安定だったらどうでしょう…そう、ゴールが倒れてしまうんです。

まあ、倒れたところで重さもそんなにないから、起こせばいいだけですが、それが頻繁にあるとどうでしょう。

 

あ~~また倒れた!!起こすのめんどくせえ~~!!

 

ってなっちゃうと思いませんか?

しかも、怪我はしないでしょうが、たぶん高い確率で子供は泣くでしょう。

 

でも、リトルタイクスなら大丈夫!

マサテガ
買って8ヶ月以上たつけど1回も倒れたことがないぞ!安定感が抜群だ。相当無理なことをしない限り倒れることはないと思うぞ。

 

おすすめな理由② 場所さえあれば、どこにでも置くことができる!

室内用のバスケットゴールの種類としては、床に置くタイプ、壁に設置するタイプ、ドアに付けるタイプ、ぶら下げるタイプとあります。

この中で、ずば抜けて機能が優れているのが床に置くタイプだと私は思っています。

 

なぜなら、基本場所さえあれば、どこでも置くことができるからです。これってすごくいいんです。

というのも、以前のゴールは壁にぶら下げるタイプを使っていました。こんなやつですね↓↓

室内用 バスケットゴール

 

いや、このタイプもいいんですよ。高さを変えることができるので…

でも、どこでも置きたいところにおけるかというと、どうして場所が限定されてしまうんです。

 

その点、リトルタイクスのバスケットゴールのような床に置くタイプの商品であれば、基本どこでも置きたいところに置くことができます。

それこそ、室内に限らず、庭に置くこともできちゃいます。なかなか便利ですね。

おすすめな理由③ 強度的にも合格点だから大丈夫!

はい、強度は合格ラインを超えてますから、そんなに簡単に壊れるものではありません。

マサテガ
でも無茶はダメだぞ!グイングイン!引っ張ったり、ぶら下がったりしたら壊れるかもしれないからな!普通に使えばなかなか壊れないとおもうぞ!

Amazonの口コミとかを見ても「壊れたああああ!!!」というものはないので、まあ、無理しなければ大丈夫。

壊れたら、無理をしたんだなあ。。。と思ってください^^

 

おすすめな理由④ 高さ調節が6段階もあるから成長とマッチする!

リトルタイクス バスケットゴール 6段階 高さ調節

 

ちびっこ用のバスケットゴールには珍しく、高さ調節が9cmおきに6段階もできるんです。

これが20cmとか30cmとかだと、幅がありすぎてダメなんですよね。

 

・ダンクできるようになったから少しだけ高くしよう

・ダンクはギリギリできない高さにしてシュートを打ってもらおう

 

このように、9cmおきだと、子供の成長に合わせて微調節ができるというメリットがあります。

細かいようだけど、すごく重要…なぜなら、子供はちょっとでもハードルが上がりすぎるとやる気を無くしちゃうから。

 

リトルタイクス バスケットゴール 簡単 高さ調節

 

だから、この6段階調節できるって絶妙だったりするんです。

おすすめな理由⑤ 驚愕のネジがゼロ!誰でも簡単に組み立てられちゃいます!

嘘のような本当の話で、各パーツをはめ込むだけで簡単に組み立てることができます。

マサテガ
マサテガだけで10分とか20分とかで完成しちゃうレベル!ほんとうに誰でも簡単にできると思うぞ!!

 

我が家の2Fに設置している長男、次男用のバスケットゴールは、一人で作成したので2~3時間はかかったような記憶がありますが…

それに比べると、まあ簡単。

あ、そうそう、ゴールネットの部分だけ、すぐに外れないようにクルリン!としないといけないのでちょっと時間が必要かなってレベルです。

リトルタイクス バスケットゴールの商品データ(高さ調節など)

【リトルタイクス バスケットゴール】

  • 本体サイズ :L560×W605×H1550mm
  • リングの高さ:約76cm~122cmまで9cmごと6段階に調節可能
  • 対象性別 :男女共用
  • 対象年齢 :1歳6ヵ月から5歳0ヵ月まで
  • 主な製造国 :アメリカ
  • 安全基準 :CEマーク
  • 組み立て:組立はネジを使用しない簡単設計

 リトルタイクスのバスケットゴールのヒモが取れやすいトラブル解消法!!

リトルタイクスのバスケットゴールのヒモは穴を下から通してクルンッ!とするだけなので、とても簡単にセットすることが出来ます。

しかし、商品によっては、そのヒモが外れやすい箇所があるんです。

 

実際に、我が家のリトルタイクスのバスケットゴールでも、一か所だけすぐにヒモが外れる箇所があります。

それこそ、付け直しても5回ほどシュートすると外れてしまう…こんな感じになっちゃう↓↓↓

 

でも、このトラブルというかヒモが外れてしまうのは簡単に解消することが出来ます。

用意するものは「糸もしくはヒモ」。そして、その用意した糸で外れやすい箇所を結ぶだけ。

 

時間にしてわずか2~3分ほどで簡単に解消することが出来ました。

商品によってヒモが外れる場合があるので、そんな時はこの方法をお試しいただければと思います。すぐに解決するはずです。

ただし、この方法は時間がたつとヒモが切れたり、緩んでしまって外れてしまうことがあります。

 

ということで、より強力に止める方法はないものか…と考え、今は結束バンドで止めています。

 

使用する結束バンドについては、小さい方がいい感じに止めれます。

結束バンドで止めたのはよく外れる5か所です。

 

 

ここの5か所を結束バンドでしっかりと止めることで今ではヒモが外れることは全くありません。

 

 

ぜひお試しください。

ストレスフリーのちびっこバスケができるはずです^^

 

リトルタイクスのバスケットゴールについてのまとめ

はい、というわけで、もしあなたが、1~4歳の子供用として室内バスケットゴールの購入を検討しているとしたら

 

リトルタイクスのバスケットゴールはめちゃくちゃおススメです!!

 

ちなみに、対象年齢については1歳6ヵ月から5歳0ヵ月までということですが、ダンクをするということで考えると、1~4歳ぐらいかなと思います。

とはいえ、我が家の長男は6歳の時でも楽しそうにシュートをしていたので、買って損しない、おススメの商品といえるでしょう。

参考になれば幸いです。

 

壁掛け用や床置き用のおすすめ室内バスケットゴールについての記事も書きました。

よろしければ合わせてお読みいただけたらと思います。

人気の室内バスケットゴールはこれだ!おすすめゴール【6選】

2019-06-04

我が家の3兄弟の運動神経を良くするために実践しているトレーニングというか遊び方について記事にしてみました。わが子を運動神経抜群にしたい場合は参考になると思います。
→ 3人の子供の運動神経・球技センスが発達した効果的なトレーニング方法

バスケのドリブルが上達するために役立つポイントを分かりやすく解説しているのでよろしかったら、合わせてご覧ください。
→ 初心者さん必読!!バスケのドリブル上達のコツ【16個】~基礎・基本からその先へ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です