【比較】アシックスのゲルフープとゲルトライフォースどっちがおすすめ?

どうもマサテガです。

今回は私が実際にゲルフープワイドの7と8、トライフォースワイドを使って実感したことをお伝えしたいと思います。

  • GELHOOP V 7-wide TBF320
  • GELHOOP V 8-wide TBF331
  • GELTRIFORCE-wide TBF692

 

ちなみに両足首にザムストのサポーターを付けているので、アシックスのバッシュを買うときはワイドしか購入しません。

むしろ、ザムストを付けるからアシックスのワイドタイプのバッシュしか購入しなくなったと言った方が正しいかもしれませんが、まあ、そんなことはさておき、比較検証に入っていこうと思います。

【アシックス】ゲルフープとトライフォースを比較

サイズの種類を比較してみよう!

これはアシックスのバッシュならではですが、足の横幅のサイズにスリムタイプ、スタンダードタイプ、ワイドタイプの3種類があります。

アシックスのように足の横幅のレパートリーをサイズ別に用意してくれているスポーツブランドはあまりないのではないでしょうか。

日本人でも足の横幅は個人差があるため、このような配慮をしてくれているアシックスには感謝しかありませんね。

 

特に私のようにザムストの足首サポーターを付けてプレーする選手にとって、ワイドサイズがあるのは本当に助かります。

ちなみに、ゲルフープとゲルトライフォースはどちらもスリムタイプ、スタンダードタイプ、ワイドタイプの3種類が用意されているので、ジャストフィットのサイズを見つけることができると思いますよ。

マサテガ
俺はサポーターを付けているからナイキだと横幅を合わせるために、本来のサイズより1cmほど大きくしないとダメだったけど、アシックスだとピッタリサイズの26cmでOKだぞ!

軽さを比較してみよう!

まず軽さですが、結構な差があって驚きました。

こちら1足分の重さになります。
※中敷きがすり減っていたため、中敷きなしの重さを計測

  • ゲルフープワイド7・・・304g
  • ゲルフープワイド8・・・315g
  • ゲルトライフォースワイド・・・433g

 

どうですか?

思った以上に重量に差があると思いませんでしたか。

私もこれほど差があるとは思っていませんでしたが、この重さの差がはき心地にも影響しているのは間違いないと思います。

スピード重視のプレイヤーであれば軽い方を好むと思うので、この重さの結果だけみてもガード系のプレイヤーはゲルフープを選ぶかもしれませんね。

素材を比較してみよう!

このメイン素材の違いが剛性や重さに大きく影響していると思われます。

  • ゲルフープ系・・・合成繊維
  • トライフォース系・・・人工皮革

ゲルフープはメッシュ素材の割合が多いのに対して、トライフォースはほぼ全体を人工皮革で構成されています。

上の画像を見てもらえるとわかると思うのですが、トライフォースはすべてが人工皮革で構成されているのに対して、ゲルフープはところどころメッシュの箇所があります。

これが触ってみるとさらに実感できるのですが、この見た目以上にトライフォースはがっちりした作りになっているんです。

それこそ、ゲルフープの方はメッシュの部分があるという事で、かなりしなやかに感じるのですが、トライフォースはかかと部分もプラスチックのような素材でカバーされており、かなりがっちりしています。

そのために、履き心地もゲルフープの方が足にもなじみやすく履きやすい印象がありますが、ホールド性という点では圧倒的にトライフォースの方に軍配が上がります。

センターなど足元が不安なプレイヤーであればトライフォースの方がしっくりくるかもしれませんね。

ゲルフープとゲルトライフォースの機能を比較してみた

【グリップ力について】

まずはグリップ力ですが、これはゲルフープもトライフォースもしっかりと床をグリップしてくれるので、同じぐらいのように私は感じました。

どちらもキュッ!!といい感じにストップできるので、グリップ力に関しては同レベル。どちらも抜群のグリップ力を実感できると思います。

【クッション性について】

次にクッション性についてですが、これはトライフォースに軍配が上がります。

というのも、トライフォースの方が足回りをがっちりホールドしてくれているので、着地時のクッション性では抜群の性能を発揮します。

ゲルフープもクッション性がないわけではないのですが、トライフォースと比べると、クッション性に関しては少々劣るイメージ。

【安定性について】

安定性についても同様に、トライフォースはメッシュよりも堅い素材である人工皮革で構成されており、さらにかかと部分もプラスチックのような素材でホールドされているので安定性という点ではゲルフープよりもしっかりとした履き心地となっています。

単純な「履き心地の良さ」という点では、しなやかな作りであるゲルフープの方がいいのですが、「足元の安定性」という点ではトライフォースの方が良いという感じでしょうか。

【まとめ】柔ならゲルフープ!剛ならゲルトライフォース!

どうでしたか。私が履いてみて実感した感触をもとに、ゲルフープとゲルトライフォースを比較してみました。

ひとつ言えることは、どちらのバッシュもとてもクオリティが高く、抜群の機能性があるという事です。

それをふまえた上でおすすめするとすれば…

ゲルフープは軽くしなやかな作りとしっかりとしたグリップ力があるのでスピード重視のガード系のプレイヤーにおすすめのバッシュ。

ゲルトライフォースは重さはあるものの人工皮革で、がっちりとした安定性重視の設計となっているのでパワー重視のセンター、パワーフォワード系のプレイヤーにおすすめのバッシュ。

というのが私の感想になります。

 

軽い方が好み、がっちりした安定性が欲しい、など人によって好みはあると思いますが、もしゲルフープとゲルトライフォースの購入で迷われているようでしたら、選定基準の参考材料にしてもらえたらと思います。

最後に、どちらのシリーズも定期的に新作がリリースされますが、大きな枠組みとしてのコンセプトは変わらないと思われます。

あなたにベストフィットする最高のバッシュが見つかることを祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です