BSでNBAは放送されてる?2017年以降の放送予定は?もう見れないの?

BS1で放送されるNBA中継を楽しみにしている方は多かったと思います。

それこそ、以前は日本でNBAを見る方法と言えばNHKしかなかったのではないでしょうか。

1980年代後半からNHKのBS1でスタートしたNBA中継。レギュラーシーズンからNBAファイナルまで週2回の割合で放送されていました。

しかし、突如、2017-2018シーズンから楽天が日本国内の放映権を楽天が独占契約したことで、30年ほど続いたNHKでのNBA中継は完全に終了することになったのです。

そのため、2019-2020シーズン以降はNBAを見るなら「NBA Rakuten」の一択となりました。もちろんですが、NHK以外のwowow、DZON、csでの放送もありません。

▼月972円でNBAが楽しめる▼
公式:NBA Rakuten

今後、NHKのBSで放送される予定はあるのか?

これについては、楽天の日本国内での独占放映権の契約が5年なので、それ以降の契約が継続されるかどうか…が大きなポイントです。

楽天としても、5年間の独占契約で254億円という巨額の投資をしていることから、NBA事業に関しての本気度が伺えます。

しかも、2019-2020シーズンのドラフトでは、八村塁選手がNBAのドラフト1巡目9位指名となり、ウィザーズの開幕スタメンを勝ち取るなど、今までにない盛り上がりを見せています。

【2019-20】八村塁の海外の反応がすごい!ドラフト契約金(年俸)いくら?NBAスタメンで30得点と大活躍!!

2019-12-26

日本人選手のさらなるNBAへの進出!

八村塁選手の活躍もさることながら、その他にも、グリズリーズと2way契約をしている渡邊雄太選手や、マブスの下部組織テキサス・レジェンズと契約している馬場雄大選手など、八村選手以外にもNBAでプレイする可能性は大いにあります。

桜丘高校からアメリカの大学に留学し、活躍している富永選手も驚異的なシュート力を武器にNBAを目指しているみたいですし、今後、どんどん日本人選手がNBAプレイヤーを目指してチャレンジするのは間違いないでしょう。

GリーグからNBA目指す日本人の試合が無料で放送!?【視聴方法】

2019-12-21

そうなると、日本国内でのバスケットボールの盛り上がりや、NBAへの興味も広がることから、楽天が5年契約をさらに延長することも考えられます。

マサテガ
我が家のチビッ子勇者たちも挑戦するぞ!!

NBAを見るなら「NBA Rakuten」の一択!!

たしかに、NHKのBS放送でNBAを見たい…という需要も一定数あるでしょう…しかし、これからさらに日本国内でのバスケットボール需要は過熱することが考えられるので、楽天が放映権を手放すというのは考えにくいと言えます。

とは言え、BS時代は週2回の放送だったのが、NBA Rakutenのベーシックパス(月額972円)なら最低でも週9試合も配信されます。

多い時は週13試合配信されることも!?

結果として、NHKのBS時代と比較すると、よりNBAが楽しめるようになったのは間違いないでしょう。

楽天NBAであれば、プレーオフ、オールスター、ファイナル、サマーリーグ、Gリーグなど、NBA関連のイベントはすべて見ることができます。

そう考えると、私なんかは楽天が独占で放映することで、コンテンツの質が上がり、よりNBAが楽しめる環境が整っていると体感しているので、いいんじゃないかと思っています。

楽天がウォリアーズのスポンサーになったり、NBAのジャパンゲーム復活など、楽天の前向きな契約のおかげで日本とNBAの距離が近づいたのはほんとに喜ばしい事です。

楽天さんもっと頑張って日本でのNBA開催増やしてください!期待しています!!

楽しくNBAを見るには?おすすめの視聴プランは『NBA Rakuten』のベーシックパスが安くて人気!?

2019-12-17

さあ、日本のバスケを盛り上げていきましょう!!

そして、もっとNBAを身近なものにしていこう!!

▼月972円でNBAが楽しめる▼
公式:NBA Rakuten

NBAを見る方法を徹底解説。テレビ・スマホで見るなら楽天TV!?【視聴方法】

2019-12-12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です